HOME ≫ 設計技術者が求められるステンレスタンクの知識とは

設計段階での注意事項

設計技術者はタンクの設置環境にあわせた設計が求められます。適量を安定供給できることはもちろんですが、製品寿命の長いステンレスタンクをローコストで設計しなければなりません。そのためには、ステンレスタンクを製作する工程を熟知した上で無駄のない設計図面をかくことが重要になります。

製作プロセス

設置される現場環境からステンレスの種類検討します。オーバースペックにならず、製品強度や寿命のバランスと考えた材料選定が求められます。

製作工数と品質のバランスを考えます。過剰な加工指示は製作工数の増加につながるため、設計段階で如何に効率の良い図面を仕上るかが重要です。

仕上げ工程は製品コストを増加させる大きな要因のひとつです。
部材の組合せや、表面処理の方法など、可能な限り工数をかけないことが求められます。

貯蔵される原料や設置される環境に対応するステンレスタンクを設計をする技術者は、ローコスト設計をしなければいけません。ステンレスタンクの品質やコストを決定する最も重要な工程は設計段階になります。そのため設計技術者は全プロセスの知識が必要になります。

ステンレスタンク製作において、寿命や排出機能やコストを決定する最も重要な工程は設計になります。設計技術者はタンク製作の全工程を理解して如何に機能面と価格面に優れた製品をつくることが出来るかが、腕の見せどころになります。