HOME ≫ 機械加工部品へのバフ研磨のポイント

4. 機械加工部品へのバフ研磨のポイント

原料の種類によって、混ぜるための部品(スクリュー・パドルローター)の表面仕上を正しく選択しなければ、回転速度の減少や、ひっかかりの原因になります。

バフ研磨を実施することで原料のひっかかりをなくすことができ、スクリューやパドルローターの寿命を長くすることができます。

原料にあわせた表面加工を実施することは原料輸送の重要なポイントになります。しかし、必要以上の表面加工(バフ研磨)はコストの増大を招くことになるため、設計技術者は的確な指示をすることが求めれます。

ステンレスタンクの品質向上における勘どころ