HOME ≫ シュート内の詰り防止のポイント

7. シュート内の詰り防止のポイント

流動性が著しく悪い原料では、エア-ノッカーなどでも詰りが発生してしまう場合があります。

搬送構造としてポリプロピレン製のシュートを使用しても問題がない場合、流動性が悪い原料でもスムーズに搬送することができます。

著しく流動性が高い原料を搬送する場合に金属製のシュートではなく、布タイプのシュートを採用する事で詰りを解消することができます。柔軟性のある素材であれば原料は付着しにくく、落下するため防止が可能です。

ステンレスタンクの品質向上における勘どころ