HOME ≫ フランジ部溶接のポイント

4. フランジ部溶接のポイント

設計段階においてフランジ溶接が発生する部分をつらで合わせてしまうと、開先を取る工程やグラインダー仕上げの工程が発生してしまい製作工数がかかってしまいます。

フランジと母材に段差(溶接しろ)をあえて作ることで開先を取る工程が発生せず、製作工数を少なくすることができます。

製品の完成形状に差し支えがない場合に限り、フランジと母財に溶接しろをつくることで大幅な製作工数の削減になります。

ステンレスタンクの製作工数における勘どころ