HOME ≫ 目的別作成手順のポイント

5. 目的別作成手順のポイント

ステンレスタンクの使用目的が製作者に伝わっていない場合、設計技術者と製作者のイメージにズレが発生しやすく過剰な品質に仕上がることがあります。

設計図面に製品の使用目的を明記することで、熟練した製作者はそこから適切な製作方法を選択することができます。

設計段階の図面に使用目的を明記する事で熟練した製作者が機能的に一番合った加工プロセスを選択することができます。

ステンレスタンクの製作工数における勘どころ