HOME ≫ 図面寸法記入のポイント

6. 図面寸法記入のポイント

設計図面に外寸法・内寸法を混在させて記入すると、製作者の作業間違いがおこりやすくなります。

図面の記入は外寸法を基本として記載していきます。その中で、内寸法を入れる場合は製作者がわかるように記載することが重要です。

製作作業者は設計図面に基づいて作業をするため、誰が見てもわかりやすい内容でなくてはなりません。また、製作作業者が間違い易いような図面は最終的に不良品や歩留まりが悪くなりコストアップにつながってしまいます。

ステンレスタンクの製作工数における勘どころ