HOME ≫ 市販製品の活用のポイント

3. 市販製品の活用のポイント

市販品(量産品)で代替できる寸法・規格のタンクにもかかわらず、単品で製作をすれば量産品との価格差が大きく出てしまいます。

市販品タンク一覧
容量 直径×高さ 板厚 表面処理
10L 240×240 mm 0.7 mm 内外バフ研磨
20L 300×300 mm 0.8 mm 内外バフ研磨
25L 330×330 mm 0.8 mm 内外バフ研磨
36L 360×360 mm 0.9 mm 内外バフ研磨
65L 430×450 mm 1.0 mm 内外バフ研磨
100L 470×600 mm 1.2 mm 内外バフ研磨
150L 565×600 mm 1.2 mm 内外バフ研磨
200L 565×900 mm 1.2 mm 内外バフ研磨

市販品標準タンクを活用する事で、加工コストを抑えることができます。必要な追加工だけを実施して用途にあったものに加工します。

市販品(量産品)タンクをベースに設計する事で、製品自体のトータルコストを抑えることができます。必要な追加工だけを実施する事で、市販品でも十分に機能を果たすことができます。

ステンレスタンクの材料選択における勘どころ