HOME ≫ 機械加工を考慮した寸法取りのポイント

4. 機械加工を考慮した寸法取りのポイント

機械加工と溶接加工の複合工程がある場合、溶接の歪み等を考慮に入れなければ、無駄にコストが上がってしまいます。

溶接構造製品の場合、3mmの削りしろが最ものぞましいといわれています。規格サイズ板から-3mmを考慮にいれて設計すると無駄な材料費がかかりません。

ステンレスタンクの形状を機械加工から製作する場合、治具や加工ノウハウが必要になるため適切な寸法をいれる必要があります。

ステンレスタンクの材料選択における勘どころ