HOME ≫ JIS規格配管寸法の活用のポイント

5. JIS規格配管寸法の活用のポイント

JIS配管規格にない寸法のパイプ外径設計をすると、指定の外径寸法を出すための加工工程が必要になり、製作コストが高くなってしまいます。

JIS配管の外径一覧
10.5mm 60.5mm 267.4mm
13,8mm 76.3mm 318.5mm
17.3mm 89.1mm 355.6mm
21.7mm 101.6mm 406.4mm
27.2mm 114.3mm 457.2mm
34.0mm 139.8mm 508.0mm
42.7mm 165.2mm  
48.6mm 216.3mm

使用するパイプをJIS配管規格にある寸法で設計する事で、切断・曲げ・溶接の工程を省くことができ、コストダウンを実現することができます。

設計段階において配管寸法を選ぶ際、あらかじめJIS配管規格にある寸法に合せることで工程を削減することができます。また加工を不要とするため、完成製品の強度が増す効果もあります。

ステンレスタンクの材料選択における勘どころ