HOME ≫ ジャケット形状の歪み防止のポイント

2. ジャケット形状の歪み防止のポイント

二重構造のタンクを製作する場合には、内面に空間が発生するため、溶接による歪みの影響を受けやすくなります。

二重構造内の隙間にリブを立てる事で、歪みの発生を最小限に抑えることができます。

リブを入れる事で外側に強度を出すことができ、ブラケットや配管などを取付ける際に歪みを発生させることを防止します。また、外部からの衝撃等に強い構造にすることにもつながります。

ステンレスタンクの品質強化における勘どころ