HOME ≫ ジャケット構造の溶接方法のポイント

3. ジャケット構造の溶接方法のポイント

ジャケット構造のタンクは内側から作成するため溶接が外部からしか出来ない場合があります。その場合は溶接強度を十分に確保出来ないことになります。

溶接つぎ目部分を当て板を入れることで溶接強度をだすことができます。また、歪みが心配なら円面にリブを数ヶ所入れると形が保持されます。

製品の強度が求められ場合には当板を入れる事で安定した溶接が可能です。製品のジャケット部分の漏れ検査は必須事項になり、PT検査や水圧検査が必要になり、溶接が重要な工程になります。

ステンレスタンクの品質強化における勘どころ